きれいになるはずの化粧品が逆効果に!【化粧品による肌トラブル体験談】

わかりやすい肌荒れや不調は無いものの、例えば鼻の横の細かい毛穴や、疲労が蓄積された目の下のくまがコンプレックスだった私。

しっかりとしたリキッドファンデーションを必ず使用していました。

スポンサードリンク

元々は色白なのに、肌を隠したい・素肌を見せたくないという思いが強く、本来の自分の肌色より少しトーンの高い色のファンデーションを買うように心掛けていました。

お化粧をしないと、少しも外を出歩けませんでした。

厚くリキッドファンデーションを塗りたくった自分を、ある日、外出先の鏡でふとまじまじと見てしまい、愕然としました。

そこに写っていたのは、絵の具を塗ったかのような違和感にあふれる肌。

肌に自信がないことからの厚化粧、それでも滲む皮膚への不快感。

表情の皺や、くすみが隠しきれていない顔。

自分の目を疑いました。

こんなつもりじゃなかった、こんな予定じゃなかったという気持ちでいっぱいになりました。

少しでも美人に見えるようにと思って努力していたつもりの化粧が、こんな風に作用していたなんて。

ふと我に返った私は、次の日から、濃いリキッドファンデーションを使うのをやめました。

スポンサードリンク

隠すため、カバーするための必需品だと思っていたファンデーション。

それ無しでお化粧するのは怖かったですが、疲れ切って美しくない自分の皮膚に、それを塗りたくることはもう嫌でした。

リキッドファンデーションをやめた、と言っても、全く辞めたわけではありません。

顔全面に塗りたくるのをやめただけ、無闇に頼るのをやめただけです。

代わりに、肌への負担が軽く付け心地もライトなBBクリームを見つけ、そちらを使うようになりました。

日焼け止めの成分も入っているBBクリームを、顔全体に薄く塗る。

毛穴やくまが気になる部分は、深く気にせず、薄く粉のファンデーションでカバーする。

そして、「すっぴん力」を付けるため、ファンデーションなしでも美しい肌であれるように、習慣を改めました。

化粧水や乳液など、さぼりがちだった日々の保湿ケアを怠らないように意識を変える。

コラーゲン配合の入浴剤や化粧水を選び、手のひらで日々パックを意識付ける。

ビタミン、ミネラルなど栄養素に気を遣い、食事で補えない部分はドリンクやサプリで補填することを習慣付ける。

化粧品は大切で、質が良く自分に合うものを見つけるのは本当に重要なことだと思います。

それと同じ位に、化粧品に頼らないこと、自分自身の肌状態を良い状態で保つように意識すること、身体に対する意識付けこそが大切だと痛感しました。

スポンサードリンク

関連記事

合わない化粧品を使い続けて肌状態が悪化。【化粧品による肌トラブル体験談】

リップクリームでも唇が荒れる!【化粧品による肌トラブル体験談】

外資系メーカーの口紅で唇がバサバサに!【化粧品による肌トラブル体験談】

BBクリームファンデーションでかゆみ発生!顔に赤い地図が広がって・・・【化粧品の...

化粧品でかゆみと赤みが!スキンケアを変えて肌荒れが改善。【化粧品による肌トラブル...

アイプチでまぶたに炎症が!危険性・リスクを知って使おう。【化粧品による肌トラブル...